So-net無料ブログ作成

喜志 祐介 著  悪の教典 劇場公開された映画の原作 [ホラー・恐怖小説]

喜志 祐介 著  悪の教典 ☆☆☆☆☆
劇場公開された映画の原作なので、多くの方はこの小説のスジを
知っているかも知れません。

辰光学院町田高校に勤務する蓮実聖司は、ハスミンと生徒に呼ばれる
ルックス、スタイルの良い、弁舌爽やかで教師やPTAの受けも
良い人気教師です。

しかし彼には共感能力の欠如という疾患が有った。

他人の気持ちが理解出来ないので、自分の思う通りにならないことや
邪魔な物は排除して生きて来たのです。

清田勝史が娘のイジメに付いて何度か、学校に苦情を言って来たときも
段々面倒になり、放火して全てを終わらせてしまう。

生徒は、偶々不在で助かったが、家に居た家族は焼死してしまった。

蓮実の前任校である都立高校でも、4人が不振な自殺をしていた。

その他、子供の頃から自分に邪魔だと思える人間を何人も、それに
気付いた両親さえも排除して来た。

アメリカ留学中も、それと分からないように排除して来たし、その後、
国際投資銀行に勤務して成績を上げて多いに稼いだが、トップの弱点を
掴んだためアメリカへの入国の出来ない身にされていた。

そんな蓮実にとって、高校は選り取りみどりの美味しい果実のなる楽園だった。

悪魔を抱え込んだ高校と蓮実の運命はどうなる!!

主人公の立場で読むか、生徒や被害者の立場で読むかで大分変わります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。